W杯の本大会の出場枠を増やそうとする案がFIFA会長から提案されていますが、私はドイツ代表監督のヨアヒム・レーヴの意見と全く同意見です。
出場枠を増やせばレベルの低い雑魚達まで集まり本大会のレベルが下がるので出場枠の拡大には賛成しかねるという意見です。
出場枠の拡大によって予選を勝ち抜きワールドカップの栄光を目指して戦うことを許さられた選ばれし者たちだけによるガチンコ勝負に水を差すのは火を見るより明らかでしょう。
栄えあるW杯の本大会にたまたま時の運だけで弱小国が出るというのは実に見るに耐えないし、けしからんと言いたくなります。
本大会でイングランド対マルタ戦なんて絶対見たくないし、そのような組み合わせは予選だから許されるのではないでしょうか。
つまり本大会に出れなくても雑魚達にはW杯予選への参加が認められてるので何ら問題ないと思います。
予選はW杯の1STラウンドと思えばいいし予選を勝ち抜いた何カ国が集まってやる本大会は2NDラウンドだと思って雑魚達は潔く諦めましょう。
そうすればほんとに中身の濃い試合が本大会で何試合も見れるので、W杯の威厳は損なわれずいつまでも保たれるはずです。