Month: 2月 2017

美味しい炊事を創る究極の秘策、でも使ってはいけません

食物を作っていて、先日、あることに気が付きました。
それはプンプン怒りながら作ったときの食物はおいしいということです。
人並み、別ですよね。
怒りながら作った食物はまずいというのは一心に聞きますが、私の形式、上手くなるんです。
何故か?拠り所を考えてみました。

怒っている状態ってちょっと実行が荒っぽくなりますよね。
それで野菜炒めなんかを作ると、油や塩気などの香味料を荒っぽい勢いでバーッと入れます。
そして神経にまかせてフライパンをどんどん振ります。
丁寧な気体火の操作もせず、神経の強火でジャッとごっそり作ります。
その結果、テーストが濃くて野菜シャキシャキ、いつもより美味い野菜炒めになっているんです。

普通(怒ってない状態)は健康のことを考えて塩控えめにしたり、油を少な目にしたりしているので、どうしても薄テーストで物足りない感じの食物になりがちなんですが、怒っているときは実行が荒くなってそんな気遣いがなくなっているね。
テーストは上手くなりますが、しかし健康には必要酷いので、神経ながらの食物には気をつけようと思います。ミュゼ 背中脱毛

重苦しい梅雨事例、ボクと旦那の体調管理対策

今年は平年より早く梅雨入りしましたね。
そのため、何時に無く心地も下がりぎみだ。
今年はようやく庭先にトマトとピーマンを植えてみたのですが、
来季にしておけばよかったと後悔している。
日照時間が少ないせいか、トマトはいつまでたっても赤くならず、
ピーマンに関しては「ししとう?」と聴きたく変わるくらい狭いものになってしまっています。
野菜だけでなく、当方人間のカップルもとても参って来ていて、殊更うちの父親は喘息やアレルギーと、
くずやカビにナーバスな通例な結果、この時期は年々苦労するのですが、今年はそれほど面倒いみたいです。
夜中になるとヒューヒューゼーゼー言ってます。
休息の晴れた太陽がポッキリお休日だったりするとそれこそ今や早朝からここぞとばかりに洗濯しめくり!
シーツからタオルケットから流しめくります。
また、家中の窓を全開にして感覚の変換、お銭湯はカビ受け取りして落とし、これまた窓を開けて換気!
こう降水が貫くと晴れた太陽がはなはだありがたいですよね。
でも晴れた太陽に室内の事をわーっとやるのでぜんぜん出掛けられていないという何だかおかしな症状になっています。
しばし、梅雨が明けたら出先に出かけて行きたいなーと意欲を膨らませている。ミュゼ 料金 プラン