消費者について育成しました。現代では、つぎつぎに新しい商品が生みだされ、使用やりくりは多く便利になりました。その一方、医薬品やフードなどによって消費者が不具合を受けたり、落ち度商品による厄難や不具合を受けたり始める例が後を絶ちません。これが消費者問題です。このため、先進工業国の粗方で消費者の権威を保護し、消費者の環境やりくりを擁護することが重要な信念プロジェクトとなりました。1962階級には、アメリカのケネディ大統領が、消費者の4つの権威を明確にしました。この頃から、消費者苦悩に対する感覚が高まり消費者実践が本格的に展開されるようになりました。消費者苦悩は、始め商品の安心を追求することがおもな特性であったが、1990階級以降はそれに加えて地球世界の連続を展望にいれた商品の開拓やバックアップの供与を探し求める実践(グリーン・コンシューマ頻度)に独特を変えていきました。知らないツイートも出てきたので、勉強して良かったと思います。