子どもの生まれた時の写真は、自分が母親として生きていく第一日目の写真でもあります。
ふと、家族が寝静まった夜中にアルバムを出して見ていました。『おぎゃー!』と大きな声を上げて生まれてきてくれた我が子。
赤ちゃんが欲しくて欲しくて、妊娠検査薬の結果が出る間での待ち時間がとても長く感じた事。
見事陽性反応が出て涙して喜んだ事。悪阻でしばらくは家事など思うように体が動かなかった事など、妊娠期間のいろんな出来事が走馬灯のように甦ってきます。
そして、改めて『愛する人との間に生まれてきてくれた我が子の愛しさ』を感じます。
初めての育児で、ワクワクよりも不安や疑問だらけで親に聞いたり、常にネット検索。
そうする中でも、スクスクと大きくなり今や口達者になり本気で親子喧嘩をするようになりました。
出産時は、早くも親子喧嘩をするなんて考えもしませんでした。
『無事に生まれてきてくれてありがとう』 この言葉でいっぱいでした。
あれから何年たつのだろう。これからどんな成長をしてくれるのか、どんな性格になり意見をぶつけてくるだろうと今から益々楽しみです。