「名探偵モンク」というアメリカのドラマ。主役は「メン・イン・ブラック」に出ていた、顔をピストルで撃たれても何度でもまた頭が生えてくる貴金属屋のおじさんを演じてた役者さん。他にはコーエン兄弟の「バーバー」で弁護士(?)を演じてた。なかなか個性的な人。ウィキペディアで見たら、レバノンの血筋の人らしい。それよりモンクの話。極度の潔癖症で他にもいろいろ恐怖症があって、そこが見どころ。本当にそばにいたら、えらい迷惑で嫌なんだろうが、ドラマで見るぶんにはめちゃくちゃおもしろい。レインマンみたいにそういう人だからこそのすごい観察眼があったりして、それで事件を解決できる。亡くなった奥さんをずっと想ってる所は好感度が高い。基本コメディで周りもあったかい。神経質な人もがんばれ!と思ってしまう。私もかな?犬や赤ん坊など、潔癖症を克服しての愛情など感動的な話も多々ある。上の階に住んでる変わり者の若い男の人もおもしろい。モンクさんとはまた違った変わり方。身近にいると煙たいような人がなぜドラマの中だとああも魅力的に見えるのかしら?http://www.scandiegocalifornia.com/