驚安の殿堂。もう知っているクライアントは知っていますよね。あの著名ディスカウントストアですね。でもそういうでもないですよね?はじめて入ったタイミング、どれだけ低いんかなと思って入ったら、逆に当たり前すぎて驚きましたね。私のそれほどいくアメイジングとかのほうがとっても安いですよ。ほとんど同じく思っているクライアントは多いんじゃないですかね。あ、それとも生まれ故郷だからこちらは安っぽいからDが来ても、大した企業なくなっちゃうんですかね。東京だとどこも物価が高いからDでも安い方になってしまうのですかね。知りませんが。いずれにしろ、驚安ではないですね。その分野その分野別の物価に変動して合わせたほうがいいですね。おにぎりだけ好きなのがいるんで行きますが、ほかは何も買わないですね。およそ、僕に言わせれば驚安の殿堂ではなく、並安の草庵ですね。こんなこと言ったら怒られてしまうか。でも例えば、作用の弱いシェイプアップ食なんかを喚起に出して販売したら、法に触れて仕舞うけど、安価はどこから安値なのか決断がないから、高くても安価とうたっても不法にならないところが笑ってしまうよね。お金 借りる 急ぎ