全日本フィギュア選手権が開催されていますが、女子のショート・フリーともに競技が終わり結果が出ました。私が応援していた三原舞依選手は5位という結果に終わってしまいました。ショートではミスが出ましたが、フリーではほぼノーミス。最後は珍しく三原選手が涙を流していたので驚きましたが、やはり感動をくれる選手です。最後に笑顔で締めくくってくれたことで満足です。
この三原選手は2年前から慢性関節炎という難病を患っていながら昨シーズンは飛躍するシニアデビューの年でした。ふわりと舞う姿が心を温かくしてくれます。結果よりも記憶に残る選手だと思っています。今シーズンは思うような結果が出ず見ている方も辛かったのですが、全日本の試合後のインタビューで「寒くなるとどうしても思うような練習ができなくて」という言葉が引っかかりました。どうやら完全に足の状態が治っているわけではないようなのです。そんな状態でも滑ってフリーはノーミスで滑れるのは本当に素晴らしいなと思いました。病気と上手く付き合いながら今後も感動する演技を見せてもらいたいです。フレシャス 月額